記録と記憶

welcome to my gallery

ロンドンの思い出

2014 April-July London
 
カメラはCanon S-120
コンパクトながらF1.8、35mm換算24mm-120mmの画角は留学に旅にぴったりだった。
ジーパンのポケットにもシャツのポケットにも簡単に収まってくれるし、24mmからってなかなか無い広さだから異国の景色を収める時には欲張りになれるよね。
またロンドンに行くときはXT-1に合わせてXF-10mm-24mmF4 R OISか、XF16mmF1.4 WRを買いたいところ。
まるで写真を撮るために行くみたいになっちゃうかな、、
 

f:id:shota_saito:20160317042521j:image

ジムのためによく通ったウォタールー駅
f:id:shota_saito:20160317042540j:image
Fish and Chips
絶対また食べたい思い出の味。写真を見返してたら懐かしくなった。
イギリス行ったらフィッシュアンドチップスは食べなきゃだめよね。揚げたコドフィッシュとポテトに塩コショウと酢というシンプルな味付けが絶妙で空腹時の破壊力はとてつもないよね。
It's an unforgettable memory for me. 
Fried deeply Fish and Chips and seasoned salt, pepper and the vinegar, You can eat near the Norbury station in south of London. 
f:id:shota_saito:20160317042609j:image
箱いっぱいのチップスとそれの下で隠れて全然見えないフライドチキン。
ロンドンの思い出の味はとにかく安くて、量が多いかった。
特筆すべきは"よく分からん味"のソース。揚げて塩振っただけのイギリス風味付けと、ソースが相性抜群でした。
空腹感と1人で食べた留学の切ない思い出と独特の味がミックスされて、脳に強烈に刷り込まれてる。
イスラム系のファストフード店で年中休みなしなのが良いところ。隣のカレー屋さんも美味かった。
 
f:id:shota_saito:20160317042643j:image
またダンスで留学できたら幸せだろうな。
ニューヨークはゴミだらけだけどロンドン"市内"は綺麗だった。